高野穂さん、栗田英二さんの作品が掲載されました

東京都北区にあるCinema Chupki Tabata(シネマ・チュプキ・タバタ)の上映案内の表紙に作品を掲載していただいています。

11月は高野穂さんの織り、12月は栗田英二さんのステンドグラスの作品が掲載されています!
映画のテーマにあわせて、それぞれの作品を選んで頂きました。
ありがとうございます。


高野穂 MINORI TAKANO

音楽が好きで、「めだかの学校」は特にお気に入り。
聴いているうちに楽しくなってくると曲に合わせて身体を動かして踊っている。
そんな元気な穂さんが作る織りは横糸に何本も糸を使い、
はみ出る糸を気にすることなく、力強く、どんどん織り進め若さあふれる反物になっている。
気が向かない時はマッサージチェアに腰かけゆっくりしていることもあり、マイペースで仕事をしている。

アーティストページ
http://kobo-syu.com/artists/%e9%ab%98%e9%87%8e%e7%a9%82/



栗田英二 EIJI KURITA

自由に切り出したガラスを、一つひとつ丁寧に繋ぎ合せていく。
彼の作品の特徴はガラスに巻くテープを何重にも巻いてからハンダ付けを行うため、ハンダの銀の色が分厚くて力強い。
立体の作品が出来上がっていく様子は、どこに向かって伸びていくのか、どんな形になるのか彼さえも最後まで分からないところが面白い。

アーティストページ
http://kobo-syu.com/artists/%e6%a0%97%e7%94%b0%e8%8b%b1%e4%ba%8c/


ぜひお誘いあわせのうえ、映画館に足をお運びください。
映画館の詳細はこちらをご覧ください。

Cinema Chupki Tabata HP
JR山手線「田端駅」北口から徒歩5分
〒114-0013 北区東田端2-8-4 マウントサイドTABATA
http://chupki.jpn.org/