工房集

taxonomy archive

宮川佑理子

1987年生まれ/川口太陽の家サンだいち所属 佑理子さんは身体を動かすことが大好き。人の動きを見てその真似をするのも得意。 昼休みは、仲間同士や職員と大きなボールを投げ合い、長いラリーを楽しむことも。 知りたいことがある […]

後藤友康

1965年生まれ/川口太陽の家サンだいち所属 レコード盤からCDへ、そして段ボールの切れ端からベニヤ板(本人曰く「しかく」)へと変遷してきた画材。 初めは、一人で「棒が一本あったとさ、葉っぱかな?…」と絵描き歌を口ずさみ […]

田中啓示

1985年生まれ/川口太陽の家サンだいち所属 新しい物が大好きで、まだ誰も開けてないクレヨンの箱、新品のボールペン、 まだ使った事のない新しい画材を見るととっても嬉しそうな顔になる。 嬉しすぎるとそれを手に持つのもドキド […]

梅澤勝典

1980年生まれ/川口太陽の家サンだいち所属 絵を描くのは大好き。だけど、手が汚れるのは大嫌い。そんな彼の道具は「手が汚れないもの」。 現在は油性のマジックとビニールテープを使って表現活動をしている。 彼の描く、人間カマ […]