1994年生まれ/大宮太陽の家所属

「五郎丸、歩、兄さん~」等と独特のリズムで歌い、身体を揺らしてエネルギーを発散させている。
繰り返しのフレーズを画用紙いっぱいに描き込む彼のリズム感が伝わってくる。あるときは、セミ、体操のお兄さんを描き、
「バイキンの色は何色?」と聞いてきては色鉛筆を使って小さく丸く塗りつぶしカラフルにすることもある。
楽しい時には元気よく歌って踊って、時には周囲を巻き込んで笑わせている。
考え事がある時は机に伏して自分の世界に入り、不安なことや気になることを職員や仲間に話し、
スケッチブックに描いて見てもらうなどして自分の思いを表現している。
楽しいことや不安なこと、宗馬さんの頭のなかに広がっている世界が作品にあらわれている。