1949年生まれ/大地所属

以前呉服屋さんで務めていた経験があり、その色彩センスから「きれいに織りたい!」イメージを持って織りを形にしていく。
色にも詳しく、和風な呼び方もたくさん知っていて皆に教えてくれたりもする。
「織りは生きがい」と話す飯島さん。
自分の想いを込めて日々集中して織りを進めている。
淡い色をたくさん使った完成品は、反物としても加工した小物でもその美しさから大変好評。