工房集

About

 「工房集」は福祉の現場にギャラリーがある福祉施設であり、アトリエ、ショップ、作品展中はカフェにもなるという色々な機能を兼ね備えています。

 また一方で「工房集(KOBO-SYU)」は社会福祉法人みぬま福祉会のメンバーの表現活動を社会につなげるプロジェクトです。「そこを利用する仲間だけの施設ではなく、新しい社会・歴史的価値観を創るためにいろんな人が集まっていこう、そんな外に開かれた場所にしていこう」という想いを込めて集(しゅう)と名付け、2002年にスタートしました。

 そもそも「表現活動」は、彼らにとって大切な仕事です。1994年頃、既存の仕事に合わなかった1人のメンバーをきっかけに、障害の重い人たちの労働を模索し続け、その果てに始まりました。今ではみぬま福祉会が運営する各事業所に計10か所のアトリエがあり、120名程が何かしらの表現活動に取り組んでいます。その表現方法は絵画、織り、ステンドグラス、木工、写真、書、詩、漫画、紙粘土・・・。またそういうジャンルに当てはまらない糸を使った作品やビニールテープを使った作品、銅線を使った作品、ホットボンドを使った作品・・・、これっていったい何!?という作品を創る人まで多種多様です。決して才能がある人を集めたわけではなく、むしろその逆で、「こんなこと出来ると思わなかった」人たちが、「何もできない」と言われてきた人たちが、今までにない作品を生み出し、本人も幸せになっているだけでなく、周りの人の意識や価値観まで変えています。

As well as a social work institute with a gallery space, KOBO-SYU provides a variety of facilities, and serves as an atelier, a shop, and even as a cafe during exhibits..

In another sense, KOBO-SYU is also a project that connects the creative activity of Minuma Social Work Association’s members with society at large.

We began in 2002, choosing the term “SHU” (gathering) with the intention of bringing various people together to establish a new sense of social and historical worth, and a place that would be open to the outside and not only for the use of its members.

First of all, “expressive activity” as it relates to KOBO-SYU members is important work. In 1994, we had one particular member for whom we could not find appropriate pre-existing work. The continuing search for suitable work for those with severe disabilities led, in the end, to our starting KOBO-SYU.

At present, there are ten ateliers in various locations managed by Minuma Social Work Association, where around 120 members are engaged in some sort of expressive activity.

These methods of expression include painting, weaving, stained glass, woodwork, photography, calligraphy, poetry, manga, papier mache, etc….. Beyond these established media, our members are creating work made of thread, made of duct tape, made of copper wire, or made using only hot glue…… a very wide of variety of works including some quite baffling creations……

It is definitely not that we have gathered together people of great talent, in fact, it may be just the opposite; people who were thought incapable, and labeled incompetent are not only finding personal happiness, but by producing unprecedented artworks, they are transforming the aesthetic criteria and the consciousness of those around them.

英訳:Phil Marvy

Concept

表現活動を福祉に。

 工房集の母体となる社会福祉法人みぬま福祉会の理事長は「どんな人でも手をつなぐのが本当の福祉だ」と語っています。法人は、「希望すれば入れる施設づくりを目指す」という理念の下、障害の重い人や、他の施設を断られた人などさまざまな困難を抱えた人を受け入れてきました。触法行為などの問題を抱え地域・行政からの相談で入ってくる人も近年では増えてきました。わたしたちはただ受け入れるだけでなく、一人ひとりが当たり前に生きていくために、その願いを支え、責任を持って仕事をしています。
 今でこそ法人全体で100名を超える障害のある人たちがさまざまな「表現活動」をしていますが、そもそもは従来の「仕事」が合わない人に向きあった結果、始まったのが絵画、織物などの「表現活動」なのです。その過程で、これまでの固定概念が崩される思いを味わうくらいスタッフ集団は悩みましたが、そのお陰で今があります。いつも周りに謝ってばかりいた家族が、今や「我が家の宝だ」「大変な子というだけでなく、こんなすごいことも出来るんです」と言っています。華やかに見られる表現活動の裏側には、リアルな福祉の実践の上に成り立っている日常があったのです。
 今までわたしたちは、その活動の中身を形にしてきませんでした。しかし「集の人はエリート」と少し誤解されて注目されるようになった今だからこそ、障害者を取り巻く情勢がますます辛い・苦しい状況になっている今だからこそ、工房集が大切にしている考えを形にしたいと思うに至りました。
 このコンセプト・ワークブックは大変なことを諦めずにやってきたというサクセスストーリーではありません。「こんなこと出来ると思わなかった」人たちが今までにない作品を生み出し、本人も幸せになっているだけでなく、周りの人の意識や価値観まで変えていく。心を揺さぶられる作品の秘密=「なぜ?」が詰まっています。これからのアートや福祉、社会のあり方を考えたい人に生かしてもらうことが出来るのではないかと思っています。これからもさまざまな人たちと出会い、たくさんのことを体験・体感しながら、共にいろいろな可能性を切り開いていきたいと思います。

工房集

(工房集コンセプト・ワークブック10
「どんな障害のある人でも受け入れる」(2012年発行)より)

Bringing expressive activity to social service

Koboshu’s parent organization is Minuma Social Services Corporation. According to the chairman of their social services association, “Reaching out, to absolutely anyone, is true social service”.
Founded with “building a facility accepting all who wish to come” as our ideal goal, our corporation has come to accept those with severe disabilities, those who have been rejected by other institutions, those beset by various hardships.
Recently, there has been an increase in those referred to us as a result of their behaviour landing them in trouble with the law. More than just acceptance, we have a responsibility to support each individual’s wish to live a normal life.
Indeed, while we presently have over a hundred disabled individuals, each with their own creative practice, this is a result of having first been faced with trying to help those for whom traditional jobs were not a good match. We started them on drawing, painting, sewing, knitting and other creative endeavors.
Along the way, our staff had to break down many of their own preconceived notions but that is how we got to where we are now. Families who had always been ashamed can now say, “Our child’s not just troublesome, they have this amazing skill” or speak of them as “our family’s pride and joy”.
But behind this pleasant seeming artistic life is a foundation of everyday, nuts and bolts, social  service practices.

So far, we have not defined what lies at the centre of that artistic activity. However, it is now, when there is the mistaken impression that our artists are “elite”, especially now, when many disabled people find themselves in more and more difficult circumstances, that we would like to make explicit the thinking that is so important to us here at Koboshu.
This concept workbook is not a tale of uninterrupted success. It is not just a story of people considered unable creating unique works of art and finding contentment, but also of those around them adapting their own values and awareness. It is a story full with the mystery of why an artwork should move us so deeply.
Perhaps we can encourage a desire to think about the way forward for art, social service and society.
We hope we will continue to encounter a wide variety of people, experiences and impressions while we are opening a pathway for new possibilities.

Koboshu

(Koboshu Concept Workbook 10
Accepting anyone, whatever their disability)

Atelier

工房集アトリエ

アトリエ輪

川口太陽の家あおぞら

川口太陽の家じゅうに

川口太陽の家サンだいち

太陽の里・POPO

大地

大宮太陽の家

はすの実

白岡太陽の家にじ

Organization

みぬま福祉会

社会福祉法人みぬま福祉会は、障害が重いために行き場をなくした人を守ろうと、1984年に「どんな障害があっても希望すれば誰でも入れる施設作りをめざす」ということを理念にして発足しました。障害の重い人や他の施設を断られた人など様々な困難を抱えた人を受け入れ、利用者に合わせた施設作りを重ね、30年経った現在、通所施設(9か所)、入所施設(2か所)、グループホーム事業や相談支援事業、居宅等介護事業等計22の事業などを行い、300名以上の障害のある人たちが利用しています。どんな局面でも「困難や例外的な状況にある人を切り捨てない」ことを大切にしてきた法人であり、「つないだ手を離さない」姿勢は、人間のより良く生きたいという当たり前の願いを実現しようということと共通して、個や集団を発達させる力になると考えており、「一人を大切にすることがみんなを大切にすることにつながる」と、障害のある人たち、職員、家族、関係する人々が力を合わせ、共感の輪を広げ、真摯に歩み続けています。

埼玉県川口市木曽呂1374 電話番号:048-294-0955 FAX番号:048-294-4458 HP:http://minuma-hukushi.com