工房集

taxonomy archive

柴田鋭一

1970年生まれ 柴田さんにとっては大好きなオセロ同様、 もはや描く行為自体が気持ちの良いこと、そして落ち着かない時に自らを安定させるものとなった。 永遠の謎である“せっけんのせ”を描き続ける在籍20年を超えたベテランは […]

横山明子

1973年生まれ 表現活動が仕事になったきっかけの人。 入所当時は人との関わりや下請け作業の仕事をとにかく拒否していた明子さんが 「絵描いてくれる?」だけには喜んで応じてくれる姿から「明子さんの好きなことを仕事にしよう」 […]

納田裕加

1966年生まれ 人を笑わせたり、楽しませたりするのが大好き。 勤続20年を超えても、織り、絵画、糸のオブジェ、刺繍…と、新しいことにどんどん挑戦する凄い創作意欲。 それは日中だけでなく、生活するグループホームでも夜な夜 […]

大倉史子

1984年生まれ 気に入っているモチーフを画用紙いっぱいに書き並べる大倉さん。 自分の描きたい時に、描きたい場所で、描きたいモチーフを描く。 洋服にも自分で絵を描いたり、刺繍をしたりと…身近にあるものを使って、何でもユー […]

尾崎翔悟

1988年生まれ 名前や形状だけでなく、音色も含めてあらゆる楽器を知っている。 小さな体をくの字に折り曲げ作品に向かう。顔との距離、僅か10㎝。直線部分は定規を使い、曲線は両手でペンを握る。 時に“エア演奏”も交え、食事 […]

田中悠紀

1979年生まれ 悠紀さんは、施設で飼っていた犬の「茶太郎」を10年以上ずっと描き続けている。 毎日楽しそうに大好きなテレビの話をしながら、画用紙いっぱいに茶太郎を描いていく。 悠紀さんの描く茶太郎はみんな笑顔で、悠紀さ […]

渡邉あや

1987年生まれ あやさんと言えば、「飛行機」。 でも、自分の表現を見つけるまで、さまよい、悩み、模索し続けてきた。 養護学校の修学旅行で行った沖縄。「また飛行機に乗って、沖縄に行きたい」という思いから見つけた飛行機とい […]

野田夢友

1985年生まれ 野田さんが使用する画材は主にクレヨン。 食堂でのんびりする→アトリエで画材を準備して描く→ある程度描くと画材をしまい、また食堂へ戻る。 この流れを何度も何度も繰り返していくことで作品が出来上がっていく。 […]

五十嵐久

1972年生まれ 10mの織りを数日で完成させてしまう程、すごいスピードで織っていく。 しかし決して雑になることはなく、少しでもほつれたところは後戻りして織り直す。 その姿は正に「織り職人」である。一本一本すべての織が家 […]

阿部美幸

1981年生まれ 美幸さんと言えば「相合傘」。 カラーのボールペンで好きなジャニーズの名前や気に入ったキャラクターを書き、色鉛筆で上から塗りつぶす。 そしていつも「絵を描くと落ち着くよ」と一言。新たに刺繍も始めた。 絵画 […]

羽生田優

1984年生まれ ふわふわ、ゆらゆらとやさしい風合いの優さんの織り。 織っている姿は空中散歩しているような優さん独特の世界。 小さな体から溢れ出る創作意欲。やさしくゆっくりと織り続けている。 しかし、やさしい織りからは想 […]

三角賢治

1966年生まれ 勤続20年以上の大ベテラン。 昔は花をモチーフにした絵画を描いていたが、現在は毎日織りに取り組んでいる。 横糸を長く垂らして縦糸に通すと決まった角度に持っていき、力強く織り機の足を踏み込む、この独特な織 […]

安田拓海

1994年生まれ ディズニーランドとニンテンドーSwitchが大好き。 学生時代の実習で織りを経験し、「織がやりたい!」と工房集に入所。 2年目からは周りの仲間に刺激を受け、自分から絵を描きたいと絵画も始める。 アイドル […]

関翔平

1990年生まれ 休日はカメラ4台を駆使して漫画の為の資料集め“冒険”へと出掛ける。 漫画制作は先ずパソコンで文字情報を全て打ち込んだ後、A4コピー用紙に下描きなしで絵を描き込む。 修正する箇所と撮影した画像、文字打ちは […]