1980年生まれ/太陽の里・POPO所属

四つ切の画用紙に色鉛筆で長い時間をかけて一つの作品を完成させる。
描く直線や曲線は細く繊細なのだが、本間さんの思いが長い時間込められ紙全体に余白なく塗りつぶされた力強い作品となっている。
力強く描くため芯はあっという間につぶれてしまい色鉛筆を削るのもかなりの回数になる。
本間さんはそんな風に描いた絵を人に見てもらうことをとても楽しみにしている。