1970年生まれ/川口太陽の家あおぞら所属

1.7mm×1.7mmに切ったガラスのパーツを1枚1枚積み上げて作品を作っていく。出来上がる作品は必ず三角形か四角形。
大きさはその時々で違うが、積み上げていくガラスの数は小さめの作品で300枚。大きいものになると1500枚にもなる。
豪快で繊細な彼らしい力強くて優しい光を奏でる素敵な作品が出来上がる。