1965年生まれ/川口太陽の家あおぞら所属

自由に切り出したガラスを、一つひとつ丁寧に繋ぎ合せていく。
彼の作品の特徴はガラスに巻くテープを何重にも巻いてからハンダ付けを行うため、ハンダの銀の色が分厚くて力強い。
立体の作品が出来上がっていく様子は、どこに向かって伸びていくのか、どんな形になるのか彼さえも最後まで分からないところが面白い。