1942年生まれ/アトリエ輪所属

人生70年を超えた武石さん。
表現活動を通して数多くの織りや絵画を創りだしてきた。
そして最近の作品は自分の好きな有名人を描き、フェルトを貼り付け、ボリュームのある作品に取り組んでいる。
どこか似ていて、思わず吹き出してしまうような昭和チックな愛くるしさのある作品。
「今度この歌手を描くよ」と雑誌の記事を持って来たり、職員と一緒に画像を選ぶ表情はきらきらしていて、充実しているとわかる。