1985年生まれ/工房集アトリエ所属

野田さんが使用する画材は主にクレヨン。
食堂でのんびりする→アトリエで画材を準備して描く→ある程度描くと画材をしまい、また食堂へ戻る。
この流れを何度も何度も繰り返していくことで作品が出来上がっていく。
そうして何度も色が塗り重ねられた絵は、どんどんと色が混じり合い、深くなり、クレヨンとは思えないような色彩を生み出していく。
描くという行為は野田さんにとって大切で必要な行為の一つなのだと感じる。

<主な展覧会>
2009 ミューズ・フォーラム:芸術と素朴 – プリミティブなるものと現代 埼玉県立近代美術館(埼玉県)
2012 『Deep Impact ディープインパクト by 工房集』 マキイマサルファインアーツ(東京都)