1988年生まれ/川口太陽の家じゅうに所属

人が大好きな阿久津さんは、いつも笑顔で両手を上げ朝の挨拶。
オルガンを弾くのが大好きで、耳を鍵盤につけて体全体で楽しんでいる。
活動は織りが中心で、阿久津さんの選ぶ糸には「え~っ、この色組み合わせるの?」と驚かされるが、
織り上がるとマッチしていて阿久津カラーと呼ばれている。
また時々、紙粘土の制作もしていて、職員の渡した紙粘土をギューと握ってパッと手渡してくれて嬉しそう。
動きのある「ニギリ」の作品になっている。