埼玉県川口市にある「工房集」は絵画や織りを中心に障害者が自ら取り組む表現活動の場所であると同時に、
工房集の母体である「みぬま福祉会」の表現活動プロジェクトそのもののことでもあります。
表現活動をしているメンバーは現在100人を超えています。
そのメンバーによる選りすぐりの作品群(絵画・ドローイング・織・立体作品)を工房集の紹介とともに作家ごとに展示します。
“アールブリュット”や“アウトサイダーアート”など様々に呼ばれるいわゆる障害のある人たちのアートは現在大きな関心を集めています。
アールブリュットやアウトサイダーアートの大きな企画展には工房集のメンバーのだれかが必ず招待され出展しています。
しかしまだまだそんなアートが注目をされていなかった頃から、工房集は表現活動を仕事にという考え方のもとに始まって、15年以上にわたり活動し制作し続けています。
表現活動を持続しつづけているのは、アートとして作品を作ることを目的にしていること以上に、絵を描いたりものを作ったりすること、いわゆる表現することが、
彼らにとって生きていく中で必要不可欠な行為「生きるための表現」だからです。そしてだからこそ、その中からとても魅力的な作品が生まれてきます。
現代アートのコンセプト重視の流れの中にあって、人間が描くことや作ることに対する根源的な欲求に導かれ表現された作品は、
観るものに強いメッセージとなって伝わります。こうして生まれる作品の中には現代アートと不思議とリンクしているものが多いのです。
そして美術史的な位置づけの一方で彼らの抱える現実には、移動を含め様々な制約がある生活やコミュニケーションなど、
自身の感情や感性を他者に伝えることに伴う困難さという問題が常にあります。
彼らにとって表現することは自分自身の存在を他者に認識してもらい、
さらに尊重してもらうことができる切実な手段・方法なのです。
実はその問題は障害者だけの問題ではなく現代社会に生きる我々自身の問題とも重なります。
様々な問題を投げかける魅力的な作品の数々を多くの方々に見ていただきたい。
工房集の営みはアート界は勿論、教育・福祉など分野を越境し、多くの人たちにアートってなんだろう、
福祉ってなんだろうといった根源的な「問い」をもたらすことになるでしょう。

  • 会期:2012.09.09(日) - 09.16(日)
  • 会場:東京都美術館
  • 工房集アートディレクター・美術家:中津川浩章