みぬま福祉会が8月に実施した「仲間を元気にするコンペ」によって51人の中から選ばれ、開催することになった展覧会。
アクリル、グアッシュ、マーカーやオイルパステルなどで描かれた絵画やドローイングが50点近く工房集のギャラリ-、ダイニング、エントランス、廊下に展示されました。
1960年生まれ。「アートを仕事にしたい」との想いから、自ら本やインターネットで工房集を探し当て、2003年よりメンバーとなる。
自分の感情や欲求をコントロールすることがうまくできずなかなか落ち着くことができなかったが、ここに来て念願の「絵を描くこと」を生活の支えとした。
自信、充実、そして自分を感じる。ようやく自分の居場所を見つけ始めた。

  • 会期:2008.11.14(金) - 11.21(金)
  • 会場:工房集ギャラリー