4月11日に急逝した野田夢友さん。工房集での表現活動の先駆者でもあり、工房集が大切にしている「誰にでも表現の可能性がある、重度の仲間の表現の可能性を追求している」ことを具現化した作家の1人です。彼の作品はクレヨンを塗り重ねることで色が混じり合い、深くなり、クレヨンとは思えないような色彩を生み出しています。また、アトリエや食堂を行き来しながら、一連の流れのなかで描かれる作品は、行為と表現の曖昧な境界を顕在化させています。彼が工房集で過ごした13年間に生み出された数々の作品を展示することで、私たちに教えてくれたこと、そして工房集が大切にしている表現活動の意義を共有できればと思います。

本展は、このような工房集の想いのもと、美術家・アートディレクターの中津川浩章さんにご協力いただきます。


野田夢友 YUMETO NODA
1985年生まれ。2004年より工房集所属。
とても温厚な性格で、彼から発せられる歌や独り言は、人を和ませ、惹きつける力があり、周りからとても愛されていました。その一方で、作品は自分の気持ちを言葉で伝えられない彼の切実な訴えの表れのようにも感じられました。2004年から工房集に所属し、染物など様々な活動を模索していく中で絵画に出会い、自分のペースで毎日必ず絵に向かっている姿から、彼にとって「描く」という行為は、自ら主体的に向かうことのできる必要な行為の一つといえます。
<主な展覧会>
2009 「ミューズ・フォーラム:芸術と素朴 – プリミティブなるものと現代」埼玉県立近代美術館(埼玉県)
2012 「Deep Impact ディープインパクト by 工房集」マキイマサルファインアーツ(東京都)

アーティストページはこちらをご覧ください。
http://kobo-syu.com/artists/%E9%87%8E%E7%94%B0%E5%A4%A2%E5%8F%8B/


野田夢友作品展「描くことの切実さを巡って」
会期:7/10(月)-7/22(土) 10:00-17:00
休館日:7/15(土)・16(日)・17(祝)
会場:工房集(埼玉県川口市木曽呂1445)

7/22(土)には集カフェがオープンします。
人気の手作りケーキをご用意しておりますので、お誘い合わせのうえ、ぜひお越しください。