━さいたまを、芸術と生活がひとつとなる「アート・サイト」に。
さいたま市を舞台に開催される芸術の祭典、『さいたま国際芸術祭2020』の市民プロジェクト-美術と街巡り事業 に工房集が参加することになりました。

みぬま福祉会に所属する作家70名以上の作品がゾーン別に展示されます。
工房集について深く知っていただけるプログラム構成で、これまで25年にわたる表現活動の軌跡をご覧いただける大きな展覧会です。
3月29日(日)には関連企画としてギャラリートークを開催、作家の田口ランディさんをお迎えし、本展キュレーターの中津川浩章さん、みぬま福祉会理事の松本哲が、表現することの意味を問いかけます。


「工房集問いかけるアート」展
会期:2020年3月25日(水)~4月5日(日)(休館日3月30日(月))
10:00~17:00
場所:うらわ美術館
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティビル(ロイヤルパインズホテル)3階
主催:さいたま国際芸術祭実行委員会、社会福祉法人みぬま福祉会
助成:平成31年度文化庁文化芸術創造拠点形成事業


▼関連企画
ギャラリートーク日時:3月29日(日)14:00~田口ランディ(作家)さんをお迎えし、中津川浩章氏(本展キュレーター)、松本哲(社会福祉法人みぬま福祉会理事)が表現することの意味について語ります。

▼詳細は
さいたま国際芸術祭2020HP
うらわ美術館HP